2005年07月03日

夏銘柄かぁ・・・

kuririn.JPG
こんばんわ。クリリンです。昨日途中で終わってしまったので、一気に終わらせちゃいましょう。



tanaka-normal.JPG
アシスタントのタナカ隊員であります。昨日のことはさっぱり忘れました。よくわからなかったですし(照れ)



kuririn.JPG
・・・・・・・・・・。
まずは、昨日の追加から。
インデックス買いに関してですが、昨日上げた理由のほかに、減資によって買わざるを得ない状態になる場合があります。
たとえばですが、1:1/2の減資になった場合、本来持ってる株式総数が半分に減りますよね、その減った分を追加で買い入れるというわけです。



tanaka-normal.JPG
減資っていうのは、いわゆる分割の逆ってことですよね。
それで持ってた株式の総数が減るから買い足すってことですかぁ。
って・・・まてよ・・・インデックスファンドってのは、割合じゃないんですか?
減資されても、元の発行株数も減るんだから、割合で言ったら変わらないんじゃ・・・・。



kuririn.JPG
さて、では、月曜日の朝になるとまた忙しくてチェックしきれないので、気になったニュースでも見ていきますか。



tanaka-ase.JPG
って、無視かぃぃぃ!!
いくらわからないからって・・・。



○日本メディカル、病院再生ファンドを設立
こういうのいいですねぇ。50億円規模の基金からはじめるらしいですが、0から立ち上げるよりもずっと安いし、病院のほうから見てもプラスは大きいし・・・。きっちり再生できたらどちらもウハウハですね。



9204スカイマークエアラインズが羽田―那・の深夜定期便運行開始
国内線旅客の深夜定期便は、31年ぶりとのこと。しかも、値段が他の便に比べてものすごく安い!!4割引きくらいだって。深夜運行っていうと、セントレアも24時間だったかなぁ。貨物だけなのかなぁ。けど、これで24時間運行が徐々に広まれば、国際競争力もつきそうですね。



4322イーシステムが6月中間、3億3000万円の赤字
ぐはぁー。一億円の黒字予想が・・・・大幅赤字・・・。システム開発のTISと結んでいたCRM関連ソフトのライセンス販売契約を解除し、特別損失4億3000万円を計上したのが原因。
これ、社内で了承を得ずに担当者が勝手に契約したからだって。この担当者、自分が悪いんだろうけど・・・それにしても悲惨。



4974タカラバイオ、米医療機器大手BDから研究用試薬事業を買収
・医・機器大手ベクトン・ディッキンソンから研究用試薬事業を6000万ドルで買収すると発表、自社の品揃えに遺伝子解析用たんぱく質などを加えるほか、譲り受けた族・の営業網を生かして自社製品の海外輸出を拡大するのが目的。
BDの研究用試薬事業の2004年9月期の売上高は約60億円。経常利益は約3000万円。
動き出したのかぁ?



kuririn.JPG
ってまあこんなとこです。
じゃあ、あらためて・・・。

お待たせしましたね・・・。
さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。




tanaka-ase.JPG
結局それが言いたかっただけですか・・・。



tanaka-normal.JPG
ところで、前から疑問だったんですが・・・・



kuririn.JPG
だめ!!



tanaka-ase.JPG
いや・・・まだ何も言ってないです・・・・・・・。

えと・・・なんで、クリリンって名前なんでしょう??
おかしくないですか?



kuririn-kyoton.JPG
・・・・・。



tanaka-normal.JPG
・・・・・・・・・・。



kuririn-kyoton.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・。



tanaka-normal.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フリーザじゃ・・・・・。



kuririn-iya.JPG

い、いやぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜。



tanaka-ase.JPG
(多分・・・画像拾うときに勘違いしたんだな・・・)





人気ランキング

カブログランキング

続きを読む
posted by キキ at 19:11 | Comment(7) | TrackBack(0) | 株式用語の勉強

2005年07月02日

インデックスって、なぁに?

毎回駆け込み状態ですが、土曜日の更新今からしますので、日付変わる前に時間キープ投稿です。

今日は、入れ替え銘柄、猛暑関連、バイオ関連とかごそごそやろうかなと・・・。





kuririn.JPG
こんばんは、先週に引き続き週末だけ出番をもらったクリリンです(照れ)



tanaka-normal.JPG
おぉ〜週末婚ですね(ぽっ)
あっ、申し遅れました、年中無給もとい無休のアシスタントのタナカ隊員です。
ってか休ませろ!!中の人!!



kuririn.JPG
中の人ってのは禁句ですね。
それにタナカさんはいいじゃないですか・・・毎日出させてもらって・・・。
ボクも週末は出番があるのでマシですが、レッカム様君さんとかラモンさんとか・・・株価やIR次第ですからかなり不安定ですよ。
まぁ忍者みたいな人とかタナカさんの発言に驚く面々とかよりはいいですが(恥)



tanaka-normal.JPG
まあ、ほとんど隊長の思いつきですし、面白そうな画像とか拾ってきてるだけなんでしょう。
自分だってなんでこの画像なのかいまだにわかりませんし。



kuririn.JPG
というかこんな面白みのないトークをしていていいんですか?
肝心の調べ物きっちり終わってるんですか?
しっかりしてしてくださいよ、ドド・・げふんげふん、タナカさん。



tanaka-ase.JPG
え・・?
ドド・・・??

えと、全く調べてません(きっぱり)



kuririn.JPG
・・・・・・・・・・。



tanaka-normal.JPG
えーと今日は、前半が用語の勉強、「入れ替え銘柄」、「補充銘柄」で、後半がチェックしたいセクタを調べるんですよね。



kuririn.JPG
そうですよタナカさん。
じゃあ早速、用語のほうから行きましょうか。





人気ランキング

カブログランキング

続きを読む
posted by キキ at 23:54 | Comment(8) | TrackBack(0) | 株式用語の勉強

2005年06月26日

さぁて・・・少し遅くまでやりますよ!

こんばんわぁ。
3週間連続で週末の勉強をさぼって遊びまわってたわけで、今日は少しがんばってまとまったものを整理していかないとダメですね。



先週の成績と反省は、この前の記事「すいません・・・」ってのに、後でくっつけておきます。あまり内容がないですしね。



先週のブログの中に出てきた関連銘柄の中で「J-STOCK」銘柄ってのがありました。実はこれずいぶん前に、自分でもよくわからなくて調べてはいたんですが、その調べた内容をアップもせずに自己消化して普通に使ってました。
これ!最初のブログを始めた動機を無視してる!!
ってことで、今週は、用語自体の勉強ってよりも、も少し役に立ちそうなことを書いていこうと思ってます。





kuririn.JPG
ってことで、こんばんわ・・・っていうかおはようございます。
なんで、アップしようとしてから5時間も経ってるか・・・ボクにも謎ですが。
早速、用語の勉強していきます。



tanaka-ase.JPG
(多分画像探してたんでしょ・・・)



kuririn.JPG
申し遅れました。ボクは、用語解説のためにやってきたクリリンです。



tanaka-normal.JPG
私は、アシスタントのタナカ隊員であります。
よろしくであります。



kuririn.JPG
それじゃ早速、最初の用語から、「J-STOCK」ですよ。



tanaka-ase.JPG
(最初ってことは・・・何個もやる気だこの人。)
じゃ、じゃあ・・・まずは、野村證券の用語集から・・・。



○J-STOCK
ジャスダック上場銘柄のうち、株式数、時価総額、経常利益の額、株主資本の額など一定の基準を満たした銘柄のこと。基準を満たした企業はすべて、このJ-Stockとなる。よって、銘柄数は固定されていない。

ジャスダック市場を代表する銘柄として位置づけられる。選定・見直しは、毎年2、5、8、11月の第一営業日におこなわれる。

J-Stock銘柄を時価総額加重平均方式により算出した株価指数を「J-Stock Index」という。




tanaka-ase.JPG
あぁぁー、私勘違いしてました。J-STOCKってのは、(野村證券)とかのファンドの一部だと思ってました。違うんですね・・・・。



kuririn.JPG
タナカさんは、馬鹿ですね。わかってたことですが。
J-STOCK」というのは、東証におけるTOPIX、日経における日経平均とかと同じってことでJASDAQの指標を示すものの一つですよ。



tanaka-normal.JPG
なるほどぉ。けど、銘柄数が決まってないってなると相当な数の銘柄になるんじゃないですか?



kuririn.JPG
けど、それほどの数じゃないですよ。現在86銘柄、新興をメインにやってたら、大抵は名前を聞いたことあるものばかりだと思いますよ。馬鹿なタナカさんのためにリンク張っておきますね。

J-STOCK銘柄



tanaka-normal.JPG
おぉー、これは・・・確かに見たことある銘柄ばかりですね。
ふむふむ、2315SJ-ホールディングス、2329東北新社、23・・・
や、やはり、監視に入れてる銘柄多いですね。
(あぶなぁー言わないほうがいいな・・・。)



kuririn.JPG
こういう関連銘柄ってのは、監視していくときに便利だとは思うんですが、先週から少し注目され始めてる分野って結構ありますよね。タナカさんは、どこらへん見てましたか?



tanaka-normal.JPG
そうですねぇ。まずセキュリティー関係、それと人材ですかね。セキュリティーは、先週から大騒ぎになってる情報流出の件で急騰すると思ってたんですが、そんなに上がってないですね。むしろ下がってるような・・・。



kuririn.JPG
セキュリティは、その前から少し動いてたのもあって押し目になったとも考えられますが、もしかしたら、情報流出→今までのセキュリティーがダメダメってことで反応したのかもしれないですね。ただ、そう考えると、少し落ち着いたってことで反発がくるかもしれないですし、月末のビッグサイト関連で言っても動きそうですね。
ビッグサイトに出ている企業で、新興or隊長の好きそうな価格帯の銘柄は・・・
2355シーフォーテクノロジー、3356テリロジー、3713ネットマークス、3722日本ベリサイン、3762テクマトリックス、4312サイバネットシステム、4348インフォコム、4831オープンループ、4847インテリジェント ウェイブ、6679サイレックス・テクノロジー、7853イーディーコントライブですね。
もちろん、ただ羅列しただけですし、新興でも低い価格帯は除外しちゃいましたよ。



tanaka-normal.JPG
ふむふむ、ではこれから絞らないといけないわけですね。
あとは人材は、べるうさんから順番に動いてるんじゃないの?ってヒントもらったので、先週動いてないのをいろいろ私のほうで調べておきました。
これも全然中身見てないので微妙ですが。
2396パソナテック、2427アウトソーシング、4318クイック、4641アルプス技研、4831オープンループ



kuririn.JPG
それじゃ、ボクのほうではビッグサイトに出ている出てないに関わらず、セキュリティー関係って言われてる銘柄を羅列しておきますね。
これは新興も何も関係なく出します。
2311エプコ、2326デジタルアーツ、2355シーフォーテクノロジー、3713ネットマークス、3722日本ベリサイン、4288アズジェント、4297インターネット セキュリティ システムズ、4313アイ・エックス・アイ、4359ラック、4704トレンドマイクロ、4826CIJ、4847インテリジェント ウェイブ、6354日立機電工業、6457グローリー工業、6679サイレックス・テクノロジー、7626ドッドウエル ビー・エム・エス、7769リズム時計工業、9735セコム、9751TIS
ちなみにこれはALFAさんのブログを参考にしてますよ。



tanaka-ase.JPG
っていうかですね・・・・クリリンさんは、今日初めて登場したばかりなんで言いにくいんですが・・・。
たったこれだけのこと書くだけで8時間かかるってのはどうかと思います。



kuririn.JPG
ボクのせいじゃないでしょ?
ビッグサイトの出展企業をすべて一個一個調べて上場してるか調べて価格帯を見て・・・ってやってたらそれだけ時間かかりますよ!



tanaka-ase.JPG
(絶対画像探してたせいだと思うんだけど・・・)
そ、そうですね。
時間も時間ですし、今日の勉強はここらへんで・・・。
posted by キキ at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 株式用語の勉強

2005年05月29日

ストポォのときの用語

今週も週末の用語の勉強の日がやってきました。

ε-(ーдー)ハァ


土日のどっちかにお勉強の日とお遊びの日作ってるんですが・・・早く、その週に疑問に思うことがなくなれば、銘柄選びとかの勉強とかに時間回せるのになぁ。



今週はいろいろありました。
初体験もしちゃいましたしね。
すごぃ気持ちいぃよぉ〜とか噂には聞いてたんですが、実際体験してみると思ったよりもあっけなかったなぁ〜。
ただ、どんどんのぼりつめていくときは、さすがに手に汗握りましたね。
いつ落ちていくのか気が気じゃなかったです。
とりあえず、明日どうなるか様子見ですね。





○ストップ高(安)
株価の急速な変動は、投資家に不測の損害を与える可能性があるので、これを防ぐ為に1日の呼び値が動く範囲(値幅)は前日の終値から一定の範囲に制限されている。

相場が急落し、数日間ストップ安が続き、売買ができないケースや、発行済み株式数の少ない銘柄では注文が偏り、売買が成立しないケースなど、現行の制限値幅の適用が投資家の売買機会を狭めているとの指摘から、全国の証券取引所において、平成13年4月16日より新制度が導入された。

3日連続して、(1)売買がなく(2)ストップ高または、ストップ安となった銘柄には、翌営業日から制限値幅が2倍に拡大される。




えっ!!
やっぱり調べるものですね。
制限値幅が2倍っての完全に見落としてました。
常識なんでしょうが・・・私詳しくは知りませんでしたよ。
じゃあ拡大の条件とか載ってたので、さらに・・・



○制限値幅の拡大

【条件】
3日間連続してストップ高または、ストップ安のまま売買高がない銘柄。

【値幅】
通常の値幅制限の2倍に拡大される。なお、ストップ高が連続した場合には上限のみを、ストップ安が連続した場合には下限のみを拡大。

【拡大の解除】
拡大した側の制限値段(上限を拡大した時にはストップ高値段、下限を拡大した時にはストップ安値段)以外の値段で売買が成立した場合には、その翌営業日から通常の値幅制限に戻される。




そういえばよく、今日から値幅拡大だぁーとか騒いでる銘柄とかあったなぁ。
株価の上昇によって値幅が変わるっていう以外に、拡大ってのもあったのね。



おっしついでに値幅制限の一覧も載せちゃえって思ったけど・・・ここに書いても意味ないなぁ。
ということで、またまた下の各種情報のところに後で追加しましょう。
ってことで追加してみました。



これを見ると、上昇中に呼び値が変わったばかりのときが一番値上がり率が高く、さらに値幅制限が変更になるラインは重要な値ってことになりますね。(当たり前だw)



まず呼び値から見ると、
下から、5倍、2倍、5倍、2倍ときていきなり10倍、10倍ってなって、その後また5倍、2倍となるわけですね。
この10倍になる境界線の株価は、「10万円」「100万円」ってことになります。
興味深いですね。



次に値幅制限の上がり率見てみます。
これも一見すると、バランスとれてますけど、倍率で見ると結構な偏りがありますね。
2倍以上の変わるのは、「1000円」「5000円」「1万円」「7万円」「10万円」「50万円」「100万円」「500万円」「1000万円」「5000万円」ですね。



ってことは、株価自体が要因となって値幅呼び値が大きく変わるのは、「10万円」「100万円」ってことですね。
だからなんなんでしょうw



株価と値幅・呼び値にだけついて言えば、素人目には、この二つの株価を境に結構大きな揉み合いがあるんじゃないかなぁって思ぃました。
もちろん、これだけじゃ動く要因にはならないので、こういう要素もあるよって程度で頭にいれておくくらいでいいんだと思います。



で、やっと週末疑問だった用語・・・比例配分。
なんとなくは理解してましたよ。
けど、実はよく調べてなかったので調べてみました。



○比例配分
サーキットブレーカーの一種で、過度の乱高下を避けるため、株価の1日あたりの変動幅は、あらかじめ取引所によって決められている(値幅制限と言う)が、この水準まで株価が上昇することをストップ高、下落することをストップ安という。
株価水準が1000円〜1500円の銘柄の場合は、上下200円が制限値幅である。
通常、売りと買いの株数が同じになったところで株価は決定されるが、売買のバランスが極端に一方に片寄ってストップ高(安)の水準まで動いた場合、その株価での売り株数と買い株数の比率に応じて株価を付ける方法が比例配分である。例えば、大引け時点で買い注文10万株に対しストップ高の水準で売り注文が1万株しかない場合、本来であれば株価は付かないが、比例配分により強制的に1万株のみストップ高で株価を付け、会員証券会社毎の注文株数を勘案して取引所が割り当てる。割当てを受けた証券会社は、価格優先ないし時間優先の原則等による社内ルールに基づいて実際の投資家への割当てを行う。比例配分が行われたことで自動的に注文の一部が出来るということではないので十分注意したい。




ながっ!!


こんなん読んでられるかぁぁーー。

ヾ(・ε・。)ォィォィ


っていうか、これはまあ普通に読んで確認でOK。
ただ、サーキットブレイカーって・・・MM銘柄調べたときも出たような?



○サーキットブレイカー
株式相場が大きく変動した時に、相場を安定させる為に発動される措置のこと。

値幅制限や取引停止などがこれにあたる。




すごい抽象的だなぁ・・・、まあいいや。
それにMM銘柄のときはサーキットブレイクだったかなぁ・・・。
うーん。
とりあえず一時取引が止まるってことだけは確かだから、あまりにも値が動きすぎて、上下の幅が大きくなったときに起きることイロイロってことで理解しておけばいいかな。



じゃあ、銘柄選びだぁぁぁぁ。



レカムホルダーの気持ちわかった人、引き続きこちらでランキングプッシュw

月曜日参戦しちゃおうかなぁって人は、こちらもw



kiki.gif
続きを読む
posted by キキ at 20:18 | Comment(4) | TrackBack(1) | 株式用語の勉強

2005年05月22日

今週は、絵とか替え歌とか作れなかった・・・

いやね・・・週に一回くらいはそういうのあってもいいかなぁって思ってたんですが。
PCトラブルと生活のリズムが崩れたのを直そうというのと用語の勉強が大変だったのとで、時間なかったです。


それと、今日の朝、結局持ち越し株すべて丸三へホフるように書類出しました。明日には書類着くと思うので、早くて木曜日?遅くても金曜日の大引け後には移動完了するでしょう!
オリックスに残ってる現金は、お母さんへの返済とどこトレの代金用税金用その他として残してあります。
ってことで、私にとって、丸三へ移した持ち越し株すべてが全余力ということになりました・・・。

少なくて恥ずかしいのですが・・・一応公表しておきます。

9684スクウェア・エニックス 100株・・・すくなっ!!
3323レカム 5株・・・いたすぎっ!!

今のところ849000円ですね。
レカムちゃんが、暴落前の水準に戻れば・・・大台回復なんですがね。



では、先週疑問に思った用語を自分なりに理解した(つもりになった)ものを書きます。
昨日書ききれなかったものは、信用安値(高値)絶対期日到来銘柄、ブル・ベア指数、コントラリー・オピニオンの三つです。





信用安値(高値)絶対期日到来銘柄で検索しますと、「信用安値絶対期日到来銘柄ってなんですか?」(←うわっ私と同じだw)とかフィスコの発表自体の記事だったりして、いまいちびしっと解説してあるのがないのです。
そこで、まず、2005年5月19日のフィスコの発表している銘柄の項目を見てみました。
すると、最初に目に付いたのが、

(注)3ヶ月期日想定で算出

という文字。
そういえば、年初来安値の日付は、すべて2005年の2月だね。
なんとなくむずむずしますねぇ。
なんだぁぁ?

それとわざわざ注を入れてるってことは、基本的な期日は違うんだよね。


期日?


・・・信用・・・期日・・・信用・・・ん!?


これってもしや・・・K氏がよくやる信用期日を考えて天井を作っていくアレとかと関係あったりする?


となると、基本は6ヶ月なのかな?
ってことで・・・調べなおし。

(`ε´)ぶーぶー


2005年3月3日発表の信用高値絶対期日到来銘柄を見ると・・・
年初来高値はやはりすべて6ヶ月前の2004年9月。
もちろん(注)もない。
つまりこれがスタンダードなんだ。
一応、念を入れて他の発表も検索してみると・・・

って他は全部有料かい!!

凸( ̄ヘ ̄)Fuck You!!


多分、これはあってると思うから、次見てみよう・・・(´д`)



発表してある銘柄は貸借倍率が2倍以下って表示されてる。


○貸借倍率
制度信用取引において貸借取引の状況を示す指標で、「融資残高÷貸株残高」で計算される。

貸借倍率が1より大きいということは、融資残高が貸株残高より多いということであるが、融資残高とは「信用買い」、貸株残高とは「信用売り」の状況を表すものなので、「信用買い」の方が多い状況をさす。



つまり、簡単に言うと、発表された銘柄では、極端な「信用売り<信用買い」っていう状況の銘柄はあらかじめ抜いてあるってことね。
ってことは、どちらかというと、期日が迫った結果、極端な「信用売りの買戻し<信用買いの決済売り」っていう状況にはなりにくいわけね。
もっとわかりやすく言うと、期日が迫った結果、決済売りが起きて株価が下落するっていう危険は少ない銘柄を最初から出してるってこと。
これは、逆は必ずしも真ってわけじゃあないから、期日迫ってるからって必ず急騰するってわけでもないわけだけど・・・。


他の項目も見てみると、当然のごとく「信用残」の表示とその「代金の概算」が乗ってます。
これは後で検討する項目になりそう。

少しまとめないと、頭がパンクしちゃうので、まとめて見ると、

@信用期日の起算日として取るのは年初来安値または年初来高値。

Aその起算日から換算して、信用期日6ヶ月(3ヶ月)が過ぎて、決済が行われるであろう銘柄。

B貸借倍率2倍以下のために、決済売りのほうが買戻しよりも少ないと予想される銘柄。

C絶対の意味がわからないです・・・。


「絶対」の反対は、「相対」。
「相対化」の意味は、弱めるって意味も含まれるから、「相対」=「弱い」?
ってことは、「絶対」ってのは、「強い」って意味も含まれる?


言い換えると・・・

信用安値(高値)絶対期日到来銘柄

年初来安値(高値)のときに信用取引した人のポジションでまだ整理終わってない人は、絶対に決済しないと殺される期日がもうすぐくる銘柄!!!



このくらいかな・・・。
一生懸命がんばったけど・・・
このくらいの理解が私の限界みたぃ・・・。

(ノ◇≦。)



とりあえず、実際にどう影響するのかがわからないと調べた意味がないので、それぞれの銘柄の株価の推移を見て、どう影響するのか自分なりに考えてみます。



◇信用安値絶対期日到来銘柄(年初来安値起算)の場合

株価がずっと右肩上がりであるならば・・

・空売りした人=損切り、または塩漬けでドツボ。
・信用買いした人=すでに利確、または鬼ホールドで含み益。

一度急落したならば・・・

・空売りした人=損切り、急落時に利確、または塩漬けでドツボ。
・信用買いした人=すでに利確、急落時に損切り、または鬼ホールドで含み益。


さらに、信用残を比べて、
「信用買い残>信用売り残」
「信用買い残<信用売り残」
この二つをさらに組み合わせて、4通りのことを考えると・・・・ふみふみ!!

なんとなくわかってきたかも。

つまり、期日が迫ったときに上がる確率がもっとも高い順に並べると、

@株価が右肩上がりで「信用買い残<信用売り残」

A一度急落で「信用買い残<信用売り残」

B株価が右肩上がりで「信用買い残>信用売り残」

C一度急落で「信用買い残>信用売り残」


もともと貸借倍率が制限されてるBC自体少ないかな。
あとAとBは正直ビミョーかも、逃げ場と利確場があった分すでにポジション整理し終わってる可能性が高いからね。

信用残の割合から強弱はありますが、底値が固く、上昇の可能性が高くなるってことですね。



同じようにはいかないけれど、信用高値絶対期日到来銘柄についても考えてみる。


◇信用高値絶対期日到来銘柄(年初来高値起算)の場合

株価がずっと右肩下がりであるならば・・

・空売りした人=すでに利確、または鬼ホールドで含み益。
・信用買いした人=損切り、または塩漬けでドツボ。

一度急騰したならば・・・

・空売りした人=すでに利確、急騰時に損切り、または鬼ホールドで含み益。
・信用買いした人=損切り、急騰時に利確、または塩漬けでドツボ。


さっきと同じように信用残を考慮に入れると、期日が迫ったときに上がる確率がもっとも高い順低い順に並べると、

@株価が右肩下がりで「信用買い残<信用売り残」

A一度急騰で「信用買い残<信用売り残」

B株価が右肩下がりで「信用買い残>信用売り残」

C一度急騰で「信用買い残>信用売り残」


@一度急騰で「信用買い残>信用売り残」

A株価が右肩下がりで「信用買い残>信用売り残」

B一度急騰で「信用買い残<信用売り残」

C株価が右肩下がりで「信用買い残<信用売り残」

 

けど、安値のときよりは、あがる確率は少ない気がする。

信用残の割合から強弱はありますが、上値が重く、上昇の可能性が低くなるってことですね。

あとAとBはさっきと同じくビミョーだと思う。逃げ場、利確場があればその分期日が迫ってるポジションは整理されてる可能性高いからね。



ただし、これだけで判断するのは危険だと思ぅ。
っていうか分類したこと自体、無意味。
大事なのは、

「下落を続けてきた銘柄で、期日の迫った大量の売り残があって、買い残がほとんどなく、株価下落の材料がない銘柄」

があがるってことだけで、そのための手がかりとして使えるよねって程度だと思う。
は、底が固く、底打ちの可能性が高いってこと。

また、

「上昇を続けてきた銘柄で、期日の迫った大量の買い残があって、売り残と拮抗しつつも、株価上昇の材料などがない銘柄」

は、天井圏である可能性が高いってだけで、そのための手がかりとしても使えるよってこですね。
は、上値が重く、天井になってる可能性が高いってこと。

「株価が上がる原因」と「株価が上がる原因を示す兆候」「株価が下がる原因」と「株価が下がる原因を示す兆候」「底打ちの根拠」と「底打ちの根拠を探す手がかり」、「天井の根拠」と「天井の根拠を探す手がかり」をごっちゃにすると痛い目にあいそうね・・・。


必要条件と十分条件の関係っぽいね。
必要十分条件ってわけじゃないってことは頭に入れておこうかな。



っていうか、そもそもこれであってるんかいなw



ランキング気が向いたらで押してください。

カブログのほうも気が向いたらで結構です。


kiki.gif
続きを読む
posted by キキ at 23:24 | Comment(5) | TrackBack(0) | 株式用語の勉強

2005年05月21日

言葉だけの知識じゃ意味ないっつぅ・・・

週末にちょろっと気になったのが、第三者割当増資。

とりあえずこの言葉の意味から調べてみます。
ただ、定義というものを知ってるだけじゃ全く意味がないんですよね。
その目的と影響という部分で何の考慮もされてなかったら全く逆のことを想像しちゃうわけですから。



○第三者割当増資
株主であるか否かを問わず、特定の第三者に「新株引受権」を付与して新株を引き受けさせる増資を第三者割当増資という。

通常、取引先、取引金融機関、自社の役職員などの縁故者にこの権利を与えて発行することが多く、縁故募集ともいう。

第三者割当増資は非公開会社が行うことが多いが、公開会社にあっては、資本提携、会社再建を目的とした増資などの場合に行われることが多く、既存株主の利益を侵害する恐れもあるので、新株を「特に有利なる発行価格」で発行するときは、株主総会でその理由を開示して特別決議を経る必要がある。




これは、ほとんど誰でも持っているマイナスイメージだぁね。

切り口はたくさんあるけど・・・まずはこの定義付けされてる言葉の中から、探してみようかな。

「株主総会でその理由を開示して特別決議を経る必要がある。」

ってところ。


つまり、既存株主にとって不利であるにもかかわらず、その既存株主の了解を得て発行しているというところ。
不利なら普通了承しないっしょ・・・。
ならどうして了承されるのか?


@不利益以上の利益が既存株主に発生する。

A発行しない不利益と発行する不利益を比較衡量した結果。

Bそもそも株主の構成が偏っている。



@の場合は、発行した結果、企業価値が高まる・調達資金によって利益を生むという目的が具体的かつ明確になってるってのが必須かな。
きっちりIRを読めば、これはある程度想像はつく。
逆言うと、IRすら読まないとマイナスイメージによって狼狽しちゃうってことね。

Aの場合は、マイナスイメージのまま。っていうか・・・そんなにやばいんかぃ!って感じですね。

B四季報をきっちりみて株主の構成を把握してないとここで@と勘違いする可能性高いね。もちろん上場してるんだから、上場基準を満たす構成にはなってるわけだけど、その構成の仕方によっては、一部が意図したことが通りやすい構成であることはあるわけよね。


つまり、発表内容も自分自身で吟味せずにイメージだけで判断しちゃうのがほんとに怖ぃわけよね。かといって、のっそのっそゆぅ〜くり吟味してたら、意味ないわけで、情報を得るスピード以上にそれを自分で判断するスピードも大事になってくるね。



定義の言葉だけからだとこのぐらいしか私にはわからない。
じゃあ、第三者割当増資の目的って面から見てみようかな。

これも私が素人ながら考えてる目的なので、修正しないといけない部分は多々あると思う。
私には大きく分けて二つあるように思ぅ。


@資金調達

A株主構成の変更



@に関しては、定義の言葉から考えたときとほぼ一致するので、まあいいかなぁ・・・・。

Aは、うーん正直むずかしぃなぁ。
ただ、企業再生関係・ファンド関係・主幹証券会社関係・金融関係とか考えられるのかなぁ。
そうなると、ただ字面だけ捉えて、あぁ〜だこぉ〜だ言ってても意味がないわけで、もっときっちり一個一個調べないとダメね。
(って言ってスルー・・・だってぇーちょっと今すぐになんかわからないっ)



次に、発表の内容自体の問題。

これは、週末の9424日本通信でそうだったんだけど、

「これから第三者割当増資をしまぁ〜す」

という発表だったのか、それとも

「こないだ発表した第三者割当増資がこういう結果になりましたよぅ」

っていう結果の発表だったのかを混同しちゃったところ。

デイトレで、終わらせるならまだしも、持ち越しをするなら、少なくともそれ以前に発表されたIRや四季報の情報は最低限入れておかないとまずぃってのがココね。
ほんの数分、読み込むだけでも全然読んでない人よりは数段有利な状態で持ち越しの判断はできると思う。

で、9424日本通信では、オーバーアロットメントとかいうなんだかよくわからない言葉が出てきたのよね・・・。

はっきり言って、言葉自体も初めて聞くのにいきなり内容まで理解しろってのが無理なんだけど・・・誰でも最初から知ってるわけじゃないんだから、疑問に思ったときに調べないとね。
(あぁーめんどぅくさぃなぁw)



○オーバーアロットメント
引受証券会社が、当初の売出しの予定数量を超える数量を、当初と同一の条件で、投資家に販売すること。

株式市場が企業活力の向上に役立っていくために、企業が株式市場における資金調達を、機動的・弾力的に行える環境が作り出されることが必要であるが、特に、新株の発行に当たっては、発行企業は、株価が日々変動する中、迅速かつ弾力的に発行手続を進めたいとの要請があった。

このような中で、日本においても、この新制度の導入がはかられた。オーバーアロットメントは、新株の募集直後から流通市場における需給関係が悪化するのを防止する観点から用いられている。

具体的には、引受証券会社が発行株数を超える株数の販売を行うことをいう。超過販売分の調達は、引受証券会社が募集後の株価の状況によって、

●市場から市場価格で買い付ける(株価が発行価格を下回っているとき)
●発行会社に追加発行させる(株価が発行価格を上回っているとき)

ことによって行われる。

オーバーアロットメントが行われ、それに伴う調達については、グリーンシューオプションによって調達する仕組みが整えられている。




(´д`)??


さっぱり意味がわからないですぅ。
がんがって解読しなくては・・・。


私にとって、大事だって思えるところは、

@発行企業側が、安定して資金を調達できるようにする。

A引受証券会社は、引受のリスクを大幅に下げられる。

B資金調達によって需給悪化を引き起こさないようにする。



@の発行企業側から見た場合。
仮に発行価格よりも市場価格が下だった場合は、引受証券会社が市場で買いを入れるため、普通に市場で売買するよりも株価の下落を抑えることができる。(空売りの買戻しみたいなもん?)
発行価格のほうが市場価格よりも上だった場合は、直接証券会社へ発行されるので市場を通す必要がなく急激な株価下落を抑えることができる。
もちろん、どっちにしても必要資金は調達できる。

Aの引受証券会社から見た場合。
市場価格のほうが安い場合は、市場価格で、市場価格が高い場合は発行価格でゲットできるために格安で株式を得られる。

B需給関係
株価が下降している局面では、市場で買い注文を出すために下落を抑えることができる。また株価が上昇している局面では、売り注文が市場に出てこないために下落することはない。



なんだか無理やり理解した感じだけど・・・これでいいのかなぁ・・・(´д`)



んで、はいはい・・・わかってますよ・・・グリーンシューオプションでしょ・・・。



○グリーンシューオプション
引受証券会社は、売出し後に株価が堅調に推移している局面において、追加売出し分を、自らが売出人となり売出しを行うことがきる。
追加売出し分については、株式を借入れで行うため、調達する必要がある。

調達の方法として、引受契約に基づき、売出人から、追加で株式を取得する権利を行使する方法がある。この権利をグリーンシューオプションという。

今般、有価証券の売出しについて、需要動向を踏まえた消化や売出し後の需給関係の悪化を防止する観点から、日本においても、この新制度の導入がはかられた。




えーと・・・細かいことはわかりません・・・(´д`)
けど、なんていうかぁーー。


どっちかって言うと(どっちと比べてるんだw)

二つひっくるめて

空売りみたいなもん?

違うのは、需給関係を悪化させずに

全員がウハウハ??





厳密な定義や影響をちゃんと勉強したほうがいいのは、わかってますけど、

「とりあえずこう思っておけば、ある程度までは通じるよ!!」

ってレベルでいいので、どこかおかしい点があったら、また指摘してください。



ブログランキングは、上過ぎず、下過ぎず。

カブログ・・・トレードもっとしろよ!って言われそうな位置。


kiki.gif
続きを読む
posted by キキ at 23:39 | Comment(19) | TrackBack(3) | 株式用語の勉強

2005年05月05日

風邪ご注意!

あはは・・・馬鹿は風邪引かないって言うので、馬鹿じゃないのかな?

えへへへへ・・・


ソファーで寝てしまって、そのまま風邪ひいちゃってました。
あーGWもったいない・・・。
結局、横浜のお友達のところへ遊びに行っただけで、あとはずっと寝て終わっちゃいましたよ。


明日やっと相場出れるので、今からうずうずしてます。


おととい、書き残した用語、終わらせちゃいます。
自分のためですからっ!
勉強♪
勉強♪



○打診買い
相場が上に行くのか、下に行くのかわからないような時、相場の様子を見るために、少し買ってみる。そういう買い方を打診買いという。




うーん。
もうちょっと具体的に言うと、「うわさ」が流れてるときにちょっと(最低売買株数)買ってみる。
うわさだけじゃなくて、たとえば、萌え銘柄が人気のときに、他の萌え銘柄で動いていない銘柄に買いを入れておく。
注目のIPO銘柄があるときに、それに関連した銘柄に買いを入れておく。
同じファンドや仕手の銘柄の資金の流れを読んで、次に流れ込みそうな銘柄へ買いを入れておく。

まだ一ヶ月しか見ていないけど、この短い間にもずいぶんそういう流れは目に付いたのよね。

9684スクウェア・エニックスとか4829日本エンタープライズなんかは、打診買いのつもりだったんだけどねぇ・・・

長すぎましたっ!!

つまり、失敗したってことかな・・・。



つぎに。。。繰上償還権付新株予約権付社債これだけど・・・このままずばりは乗ってないんだよね。
ってことで分解してみます。

○新株予約権付社債
株式を一定の条件で取得するための権利である新株予約権を付与された社債のこと。新株予約権とは、株式を一定の条件で取得するための権利のことで、新株予約権の行使があると、社債部分の金額が、そのために払い込まれたとみなされる。新株予約権の行使によって発行される株式数や、新株予約権を行使できる期間などは、あらかじめ決められている。

2002年4月の商法改正により、新株予約権制度が新設され、従来のCB(転換社債)の新株への転換請求権、新株引受権付社債(ワラント債)の新株引受権(ワラント)、そしてストックオプションは「新株予約権」という名称に統一されることとなった。これに伴い、従来のCB・ワラント債も、「新株予約権付社債」という名称に一本化された。なお、新株予約権付社債のなかで、従来のCBと同様の商品性を持つものを「転換社債型新株予約権付社債」という。

新株予約権付社債は以下の商品性を持つものである。
● CB
・2001年の商法改正以前の転換社債
・転換社債新株予約権付社債
● ワラント債
・非分離型

商法改正により、CB・ワラント債の具体的な規定も整備された。
新株予約権は分離譲渡できないので、従来のCBについては、新株予約権が行使されるときは、必ず社債の償還金額が新株予約権の行使の際に払い込むべき金額に充当されるものとした。また、従来のワラント債の非分離型は、新株予約権を分離して譲渡できない新株予約権付社債として規定されることとなった。
一方、ワラント債の分離型は、株式会社が社債と新株予約権を同時に発行するものとしてとらえられ、新株予約権付社債の範囲に入れられなくなった。




・・・・これわかる?

わたしは、

さぁっぱりわからぁ〜〜ん。

っていうかさ、こんな概念説明されたって、実際使えないじゃないのよ。


あたまでっかちだなぁ。

まあ、とりあえずCBも・・・



○転換社債型新株予約権付社債(CB)
社債に新株予約権が付された形態で発行される債券。新株予約権の分離譲渡はできない。平成13年臨時国会で商法改正が成立し、新株予約権制度が創設されたことに伴い設けられた。
これにより商法上、社債は、普通社債と新株予約権付社債となった。

新株予約権とは、株式を一定の条件で取得するための権利のことで、新株予約権の行使があると、社債部分の金額が、そのために払い込まれたとみなされる。新株予約権の行使によって発行される株式数や、新株予約権を行使できる期間などは、あらかじめ決められている。

平成14年4月1日以前は「転換社債」と呼ばれていたが、平成14年4月1日以降に発行されたものは同様の商品性を持つものとして「転換社債型新株予約権付社債」と呼ぶようになった、これらを総称として「CB」と呼ぶ。




うーーーーーーーん。

なんだぁー。

全然わからぁん。

別の形で説明してる文も引用・・・。


CBは、所有者が一定期間内に発行企業に対し、請求すれば、あらかじめ定められた条件で、その発行企業の株式に転換することができる社債である。これに対して、一般の社債のことを普通社債という。

所有者は、株式に転換すれば、株価の上昇による利益を得ることが期待できる。また、社債のまま保有し続けると、利付債券として、定期的に利子を受取ることができるほか、償還日には額面金額が払い戻される。

CBは、いままで「転換社債」と呼ばれていたが、商法が改正され、平成14年4月1日以降、新たに発行されるCBのことを「転換社債型新株予約権付社債」と呼ぶようになった。

■CBの概要
(1) 発行価格
割引発行型を除いて、額面(額面100円当たり100円の払い込み)
(2) 利率
株式への転換請求権がついてくるため、同じ企業が同時期に発行する普通社債よりも低く設定される

(3) 利払日
年1回又は年2回が一般的
(4) 期間
2年〜15年
(5) 償還
途中償還をしない満期一括償還制度を採用している銘柄がほとんどである。一部、償還しない銘柄もあるが、その場合はまず発行後3〜5年程度は据え置かれる。その後、毎年一定額を減債基金として積み立て、それをもとに抽せん償還または買入償還をする銘柄が多くなっている
(6) 転換価格
CBを株式に転換する際の交換値段のこと。発行時にあらかじめ決定される。株式分割等で調整されることもある。
(7) 転換請求期間
株式に転換できる期間のこと。発行時にあらかじめ決められ、通常、発行後1〜2カ月後から償還日の前日までである。

■CBへの投資
(1) 株式としての側面が収益性
CBは株価の値動きに連動する性格を持っている。つまり株価が上昇すると、CBの価格も上昇する傾向がある。
社債であるCBがなぜ株価の動きに連動する性格をもっているのかというと、それは、転換しさえすると、株式になるからである。

[例]
A社のCB(額面金額100万円、転換価格1,000円)を所有
A社の株価が1,300円に値上がりしたとする。
  ↓
CBを株式に転換(100万円÷1,000円=1,000株)し、すぐに売却すれば、1株あたり300円、合計30万円の利益が得られる。
  ↓
(1,300円−1,000円)×1,000株

つまり、A社のCBには130万円の価値があることを意味する。

(2) 債券としての側面が安全性
CBは一定水準より下がりにくくなる性格をもっている。

上記のA社の株価が、1,300円から1,000円に値下がりしたとすると、株価が1,300円のときCBの価格が130円だと、株価と連動して100円に下がるように思える。
しかし、CBは転換しない限り社債である。利払いもあれば、償還時には額面金額が戻ってくる。この債券としての利回りがCBの価格を下支えするのである。利回りが、市中金利の水準を上回れば、高金利の金融商品として市場で買われるため、価格の下落がおきにくくなるからである。

ただし、そのCBの信用リスク(債務不履行などが起きる可能性)が高いと判断された場合は、下落に歯止めがかからないこともあるので注意が必要である。



だから、なんなの?

ぐだぐだぐだぐだ・・・なんなのよ・・・。

(ノ◇≦。)



○繰上償還
一定期間後、発行者の任意で一部又は全部を償還する方法で繰上償還とも言う。
一部繰り上げて償還する場合には公平を期する為、抽選によって行われる。




○MSCB
特殊条項が付いたCBのこと。発行後一定の期間経過後に、転換価格をその時の時価で算定し直す条項が付されているCBをさす。

具体的には、次の2種類がある。
●上方修正条項付CB
発行後一定の期間経過後に、その時の株価水準が転換価格を上回っている場合には、当初の転換価格が上方に修正される
●下方修正条項付CB
発行後一定の期間経過後に、その時の株価水準が転換価格を下回っている場合には、当初の転換価格が下方に修正される

共に、一般的には修正幅に条件がつけられている。




・・・・

えと・・・・。

なんか、言ってますか・・・。

うわあああああん。



結局私がなんとくわかったのは以下のことだけ。



CBは、取得株数自体は変化しないわけだから、株価が上がれば上がるほど、差額が生まれて儲かり、下がれば下がるだけ損をする。

→つまり、CBの転換価格が下値抵抗になりやすい!!

MSCBは、株価が下がれば下がるだけ転換価格も下がり取得株数が増える、株価が上がれば上がるだけ転換価格も上がるので取得株数は減る。
つまり、転換価格が変わるので一見トータルの価値自体に変化が見えないが、取得株数に大きな差が出るってことね。
だから、最初に空売り(株券を借りる)すれば、下がれば下がるだけ取得株数が増えるので、空売りの利益のみならず、下がった分株数を多く取得できるのでそれも利益になる。


→つまり、MSCBの転換価格の上限(下限)まで、株価は変動する可能性が高い!!



ってことでしょ?

ちがうのん?



これ以上考えると脳みそがショートしちゃうので、ここまで。

kiki.gif
posted by キキ at 23:55 | Comment(6) | TrackBack(1) | 株式用語の勉強

2005年05月03日

スクエニとディズニーってコラボってたの?

こんにちわぁぁぁ〜〜!

ランキング見ててつくづくここに来てくれる人がやさしいんだなって思いました。私がぽろっと「ランキング怖ぃから辞めようかな」って書いたのを見て自粛してくれた人が大勢いたみたいですね。気にせず気が向いたとき押してください!って言ったら、また上がりだしました。

いあいあ、そりゃキキが勘違いしてるだけだろ〜ん?
たまたま下がって、たまたま上がっただけだろんろ〜ん?
っつうか、勘違いするなっぼけぇ!!
お前がこういう殊勝なこと書くと価値がなくなるっつ


って言われそうですが・・・・

しばらく勘違いさせておいてっ!! 


むふふふ。



それと昨日のアクセスカウンター、GW中の平日にも関わらず、900超えという今までで最大の訪問数。
これにもびっくり。
コメントくれるくれないに関わらず、毎日来てくれる人も60人以上と・・・最初の3人とかのときには想像もしていませんでしたよっ!
なんと私ときどきアクセス解析をするんですよ。

<( ̄^ ̄)>エッヘン!



ってアクセスに変化あったりしたときだけなのですけど。。。
で、その結果、8割近くがお気に入りからの訪問と・・・これまたうれしさアップ。
次に多いのがROJIさんのブログからの訪問の方。
ほんとに・・・三人のときからお世話になりっぱなしで。
とりあえずお礼に・・・・

( ´・ω・`)_●~~ 爆弾ドゾ



次に多いのが、いつもコメントくれるブログ仲間のブログからでそれぞれ5以上と・・・、特に・・・濃い爺さんべるうさん・・・二人のブログで何アクセス稼いでるんだろw
とりわけべるうさんは・・・多分自分だけのアクセスでしょ・・・。
二人にもお礼しないと・・・

( ´・ω・`)_ξξ~~ ウンコドゾ



あー・・・そういえば、4月の最初からほぼ毎日アクセスしてくれてた超有名な方が・・・訪問途絶えちゃいました。自動巡回のロボットだったのかもしれませんが、勝手に都合よく解釈して一人密かに舞い上がっていたのですが・・・ちょっと残念です。
ブログのほうで、少し騒動あって、ライブドアブログへ移転するみたいで、そのせいかなぁ。
それとも、私のブログの底が見えたってことで見切られたかっ!?
またがんばって、成績をあげていって、再訪問のリストになるようにがんばろう!!



さて、いい子ぶって気色わりぃ〜キキは、このへんにしておいて・・・持ち株のちょっと気になったこと書いてみます。
9684スクウェア・エニックスですが、昨日なんだか発表ありました。新作ゲームのことだったんですが、それ見てみたら・・・なんとっグーフィーとドナルドが出てるじゃないのよ!
知ってました?
私、自分がホールドしてる企業なのに、ディズニーとコラボってるなんて全く知りませんでしたよ。
手前味噌というか、ちょっとばかし期待しているこれからの9684スクウェア・エニックスの予定を書いてみます。

5/12、オンラインゲーム「フロントミッション」の正式稼動開始。
5/17、全米最大のゲームショーE3の開催。
5/24、決算発表。
6/16、世界的大ヒットオンラインゲームEQの続編、EQ2の正式稼動開始。


さぁどうなるでしょうか。
これで、どーんと利益出たら、EQ2購入しようかなぁ〜。



延び延びになっていた株式用語の勉強をしますが、その前に少し休憩。

kiki.gif
続きを読む
posted by キキ at 15:19 | Comment(11) | TrackBack(2) | 株式用語の勉強

2005年05月01日

K氏って誰よ

株式用語って・・・
人名だろぉー!

うん。

気にすんなっ!


○K氏
加藤アキラ(文字化けするぞぉ)氏。相当のおじいさん
詳しくは、相場列伝でも見てください・・。
簡単に言うと、ただの証券マンから相場師になった人で、抜け駆け裏切りが当たり前の相場の世界で、絶対的な信頼を勝ち取って力をつけた人。顧客を裏切らない人。
誠備グループ→新しい風の会→泰山と仕手集団を引っ張った。
現在6316丸山製作所ハッスル中
K氏銘柄の特徴は、@配当有銘柄、A貸借銘柄らしぃ。
手口(うわっ!悪そう・・・)ですが、6316丸山製作所のチャートと銘柄の特徴を見ると見事としか言えない。6ヶ月という長期にわたって徐々に株価を吊り上げていき、空売りを誘って、信用売り残を増大させ、浮動株をつぎつぎに吸収していくという流れ。6316丸山製作所のタイムリミットは5/16と言われていますが、私にはさぁ〜ぱり、わかりません。
もう一つの特徴としては、K氏は必ず売り方に逃げ場を作ってあげるということで有名らしぃ。




こわぃなぁ。

だいたいさ、なんで加藤氏じゃなくてK氏なのよ?

そこんとこが一番知りたい。



○うわさになったK氏銘柄。
1839真柄建設、1844大盛工業、1929日特建設、3304トスコ、3408サカイオーベックス、3944古林紙工、4120スガイ化学工業、4838スペースシャワーネットワーク、5196鬼怒川ゴム工業、5269日本コンクリート工業、5815沖電線、6316丸山製作所、6362石井鐵工所、6796クラリオン、6921東光電気、7961兼松日産農林、8029ルック、8173上新電機、8236丸善、9625セレスポ、9761東海リース
などなど。

こうやって噂だけ見ると、ほんとは介入してないんじゃないのぉ?って思えるものもたくさん混じってるね。もしくは実際介入したとしても本命じゃないただのつまみ食いみたいなのもあるっぽぃ。
あと、運がいいのか悪いのか、私は買ったことない銘柄ばっかりだぁ。



次Jブリッジ関係だけど・・・今日中にあげられるかーにゃ!!(パクリ)



○9318Jブリッジ
物流業・不動産業・投資業を期間事業とする東証二部上場企業です。
ジェイ・ブリッジは成長するために、高収益事業を創造することによって、事業収益の安定化を図り、株主の皆様、投資いただく皆様にご満足いただけるパフォーマンスをご提供申しあげます。
まず、財務の再構築をいたします。すなわち負債の圧縮、株主資本の調達を早急に行い、既存事業(倉庫業)を再構築し、収益の安定化を図ります。それと同時に、投資事業、アセットマネジメントビジネスへの参入を図り、企業価値の最大化を目指していきます。



まあ、簡単に言うと、乗っ取り屋さん 企業再生屋さん嵌め込み屋さん 投資ファンド屋さん
ここは、きっちり投資先の開示にも乗るので、きっちり調べればある程度は、わかりますね。
けど、ただ上っ面だけ見てると、トンネルされてるとことか、全く気づかないような条件とかで介入してるってとこまではわからないです。
いやいや・・・そもそもそういうのもアリなわけ?
それすら私にはわからないです。

ここの有名な銘柄は、私が付け焼刃で調べたものよりも、もっときっちりとファイナンスを読んで調べてる人がたくさんいるので省略しますが・・・ってそれじゃ、せっかくの私の恥さらしブログが意味ないので、思ったこと書いちゃいます。

今私が目をつけてるJブリッジ関連の銘柄で、少し気になった開示を出してるとこを列挙。
7618ピーシーデポコーポレーション、2926篠崎屋、8146小杉産業
開示見ると・・・

(〃 ̄ω ̄)σぁゃιぃ

7618ピーシーデポコーポレーションは、4/20のJブリッジへの第三者割り当て発表後急騰してます。

ふぅ〜〜ん。

それにしても、7618ピーシーデポコーポレーションのIR情報は見にくすぎる・・・。

2926篠崎屋は、お豆腐屋さん・・・なんで最近がんばってるんだろ・・・うーんうーん。
ここは去年の10/14に提携してますのに・・・。

8146小杉産業は、これは4/28に優先株式発行の開示が出ましたね。その前からJブリッジとは提携してましたが、ここに来てお豆腐屋さんからこっちへ注目集める気??


他にもたくさんあるんだけども・・・あまり、うぃ?って来なかったので・・・、っていうか全部調べてられるかぁぁぁぁ!!!



つぎ、ジュリアーノ市長・・・うーん、ぃけるかーにゃ!!(またパクリ)



○ジュリアーノ・パートナーズ
NY前市長の投資会社。ものすごくケチな投資方法で有名(プッ)。そのケチぶりは・・・さすが外人、恥も外聞もないです、儲けてなんぼじゃぁぁぁぁーーってノリで。
まあ、正論なんですが・・・。



ここは、ちょっと私には調べる手段が厳しい。
なんて言っても、私は、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語、スワヒリ語、エスペラント語、関西弁、和田勉くらいしか話せないので・・・。

いやー、話それますが、和田勉って人ものすごい強烈ですね。こないだ和田アキコを調べてるとき(替え歌参照)に出てきたんですが・・・すごぃ。この人何してる人なんだろ・・・謎。


でまあ、気になった銘柄と最近の話題の銘柄&開示を調べてみると、これまたものすごーく・・・

(〃 ̄ω ̄)σぁゃιぃ

まず、4741インターネット総合研究所IRIね。
ここは、ずいぶん前に4819デジタルガレージを踏み台(泣)にして9449GMOと共同でやるぞぉーって言ってたらしいし、カツラのおじさんも噛んでるみたいだから・・・。

そして開示のほうはというと、4/28に3113BSL6720プリヴェチューリッヒ企業再生グループの下方修正。
転換価格まで引き下げてから一気にいくっていう噂、ほんとだったっぽぃなぁ。
6720プリヴェチューリッヒ企業再生グループのほうは、私も少し調べたので大体の予想ラインはブログにも書いてたけど・・・どうなるんでしょ。
3113BSLは・・・・5/27〜6/10あたりが・・・もごもご。
ケチだから下がったら一気に来るのかな、逆言うと下がらなかったら来ないね。

さらに不動産関係、8901ダイナシティ8923東誠不動産
って言っても、結局ここも上の二つと同じで下がらないと来ないでしょうね。
どっちもIRとファイナンス読めば、ある程度のラインは見える・・・よね。
見えないかな。

私は・・・見えませんよ!!!

見える人は見えるらしぃ。

( ̄。 ̄)ボ〜〜〜〜ッ



うーん、これじゃ本当は調べないといけない株式用語調べられるか〜〜〜にゃ!!(しつこぃ)



○その他気になったこと
簡単に言うと、ビタミン愛関係。
名前だけで気になったっていいでしょ別に・・・名前だけでも・・・いいぢゃん。
ビタミン愛で有名(?)なのが、4797アイ・シー・エフ4316ビーマップ
うーん・・・なんか動きおかしいよねぇ・・・。
でもって、4/28に出された開示で2350オックス情報4316ビーマップの第三者割り当てを受けるわけで・・・・。
ますますあやしいなぁ・・・・。
ついでに4829日本エンタープライズもあやしくならなぃかなぁ(謎)



ちょっと長くなったし・・・もう眠いし、支離滅裂だし・・・予告しておいた用語どうしよ〜〜〜〜にゃっ!!!(かわぃくねぇー)



ちょっと疲れたので、知り合いのブログ回ってクリックでもしてくるかなぁ♪
私のところは・・・順調に下がってる!!
リピーターの人を大事にして、ランキングは下のままでもぃぃ・・・・。
ここに来てくれるリピーターの人は、私がランキングこわぃなぁって言ってたの知ってたからあえて押してないんだろうけど・・・・
そうは言っても・・・


すこし下がりすぎじゃないのぉぉぉぉ〜〜〜。



えーと・・・トラックバックにグッチ・・・??
ど、ど、どういう関係があるのでしょうか・・・。


何か恐ろしいつながりがあるのかなぁ・・・。



用語のほうは、火曜日以降のお休みのときに書きます。
ではおやすみなさい。

kiki.gif
posted by キキ at 23:58 | Comment(34) | TrackBack(9) | 株式用語の勉強

2005年04月25日

一日遅れの用語の勉強プラス

ほんとなら、昨日書くはずだった勉強記事ですが、昨日都合が悪くて書けませんでした。

初心者なら誰でも「それはなんだぁぁぁぁー」って疑問に思うようなことを体系だてもせず、理論化もせず、ただ単に感情の赴くまま疑問に思ったまんまを書いていくコーナーです。



ベテランの方や詳しい方がフォローしてくれるととても勉強になりますので、気づいたことあったら教えてくださいね。



今週は、ファンド、特に気になってるのが外資ファンド・・・。


○投資ファンド
機関投資家などから資金を集めて、不良債権売買や企業買収などを行う組織。不動産の転売や賃貸収入、事業再編などで、企業の価値を高めたうえで転売するなどして高収益を上げる。近年、日本の不良債権市場には、外資系企業が積極的に参入している。



まあ、これはなんとか理解できるね。
ある企業の株式をファンドに組み込んだとき、そのために大口の買いがどーんと出てくるわけだし、てこ入れしたり立て直すために入るんだから、当然最悪な状態→いい状態にする自信があってはいるわけで、短期的にも組み込んだ時点で急騰、長期的にも業績が良くなって株価上昇ってなりやすいわけだね。もちろん、失敗することもあるんでしょうけど。



○外資ファンド
外資系のファンド。



外国の会社のファンドってことね。
これは私でもわかるはぁぁぁぁぁぁぁ!!
馬鹿にするなーーっ。
っていうか説明短っ!!



○ヘッジファンド
資産家や機関投資家などから資金を集め、それをデリバティブ技術を駆使しながら、世界の株式、債券、為替、商品などの市場で運用するきわめて投機色の強いファンド(基金)のこと。欧米(特にアメリカ)のヘッジ・ファンドが、世界中で暴れまわっている。私募のリミテッドパートナーシップ組織やタックスヘイブンの投資顧問会社として設立されるため、米国政府もその正体を正確に掴んでいない。ヘッジ・ファンドの数は大小合わせると全米だけで8000本、運用資産は8500億ドル(93兆円、'04年3月末)ともいわれている。その代表格が、ジョージ・ソロス氏率いるクォンタム・ファンド、ジュリアン・ロバートソン氏率いるタイガー・ファンドなど。



ふーん。。。わかったようなわからんような。。。


とりあえずどういうファンドかとか、どういうのがあるかとか、影響はどうなのかってのがこれじゃいまいちわからないなぁ。
ってことでパス・・・



○外国証券会社
外国証券業者に関する法律3条の規定により、金融庁長官の登録を受けた外国証券業者のこと。

日本版金融ビッグバンによって、日本の証券市場は、株式の売買手数料が自由化されるなどさまざまな規制緩和策がとられているが、外国証券会社の参入が一段と容易になっていることもその一例である。



これは、よく寄り付き前の売り越しとか買い越しとか発表してるあれね。どれくらい海外投資家が日本の株式に投資してくれるかってのを計る目安ね。
で・・・こういう証券会社や銀行や投資集団なんかが作ってるファンドがなんなのかってのが、今私が一番知りたいところなのよ。


ってことで、有名な外資として名前がちょろちょろ出てくるものをピックアップしてみました。


○有名な外資ファンド
証券会社、銀行、投資信託ごちゃまぜですが・・・、
ゴールドマン・サックス
モルガン・スタンレー
J.P.モルガン
クレディ・スイス・ファーストボストン
フィデリティ
メリルリンチ
リーマン・ブラザーズ
ドイツ銀行
UBS
ジュリアーノ
(いきなり個人名)
カツラ(すでに外資じゃないし・・・)



だぁーだぁーここに来て頭の回路ショート。

やっぱ四季報で銘柄一個一個見て、その中で株主比率を見て、地道に調べないとダメなんだろうね・・・。



ごくり・・・4000銘柄くらい?



だいたいどれがファンドなのかも知らないし。。。。
それっぽいのは、全部書き出してやっていくしかないのかなぁ。
どんだけ時間かかるんだぁぁぁぁー。



それにほとんど影響がないようなファンドじゃ意味ないし、現在チェックしないといけないファンド自体わからぁーん。
誰か教えてくれませんか・・・しくしく。



とりあえず、GW中はせっせと四季報チェックしていくしかないね。
どこがどこにどのくらい比率あるかって断片的にしかわかってないのは痛すぎる。


kiki.gif
続きを読む
posted by キキ at 22:49 | Comment(8) | TrackBack(2) | 株式用語の勉強

2005年04月16日

NO MORE 悩み無用!

o(゜▽゜ヽ)(/゜▽゜)o レッツゴー♪

いつまでも堅苦しく悩んでばかりのキキではないのです!
では、今週は一日早めに替え歌で悩み吹き飛ばします!



NO MORE
損切り無用!
あ〜な〜た〜の株


「増配」ではありません。


きっと吹いてくるぅ〜〜♪

「上方修正」ではありません。


信じて仕手株持ち越そぉ♪

「カツラ」ではありません?ん?んん??


M&A is ワンダフ〜〜♪

村○ファンドは買占め専門

損切り無用!
チャート変わるほどぉ〜〜♪
吹き上〜がる♪
自分のぉ♪
責任で〜♪
 

損切り無用の投資法、今すぐ参戦!






和田キキ子「仕手株に投資するって難しいんでしょ?」

村○世彰「そぉですぅ、でも原因を突ぅき止め、正しくぅ対応すぅれば、株は吹いてくるよぅになるんですぅ。 M&Aコ○サルティングは、一銘柄一銘柄の状態に合わせて急騰を促進していますぅ。」

和田キキ子「なるほど。」

村○世彰「そりは、買占め専門だからできるぅことぅ。」

和田キキ子「急落の悩みを急騰の喜びに変える。」

その他大勢「M&Aコ○サルティングの真実です。」

和田キキ子「損切り無用へ、今すぐ参戦!」





なんか、どこからか狙われそうですが・・・・。
もし、一週間以内くらいにブログが消えたら、そういうことだったと思ってください・・・。



では!
今日のお勉強まとめてみました!


毎度のことながら、間違ってたり、こう理解したほうがいいよって方がいらっしゃったら、どうか教えてくださいね。

kiki.gif
続きを読む
posted by キキ at 23:08 | Comment(8) | TrackBack(1) | 株式用語の勉強

2005年04月10日

昨日の勉強の続き♪

グル〜ミ〜に殺されそうなキキです、おはようございます。



えーと、ROJIさんのトレード、

ジャイアンスイングトレード」です。

やだなぁ〜知ってましたよぉ〜。

ジャイアン  スイングトレード

全部カタカナにすれば同じですからね・・・。

「四次元ポケッ  投資法」

これは分割できないのでダメです。

・・・・・

いあ〜グル〜ミ〜懐かしいなぁ♪

・・・・・

アトラスは、木曜日に私も監視に入れてました。

・・・・・

それだけですが・・・。

・・・・・

私は、ガンホーの連想狙いとこどもの日関係で、7866アトラス2697コーエーネット3723日本ファルコムを監視に入れてたんです。
2697コーエーネットは速攻で吹いちゃいましたw
2697コーエーネットと残り二つとの違いって、実際にオンラインゲームが稼動してるかってのと、PERですかねぇ。
私はどっちかというと3723日本ファルコムのほうが気になりましたね・・・KR氏が介入するという情報と二回のS高で注目度高いというのと韓国オンラインゲームつながりのイースオンラインというのが理由でした。


もちろん動きましたよ!

思いっきり下に!


(ノ◇≦。)




だってさぁ・・・だいたい私KR氏って誰だか知らないし(照れ)
イースオンラインの最新発表があった2月にもうすでにS高出しちゃったわけだし(あせ)
だいたいまだイースオンラインは未稼働だしね。

けど多分この二つ、監視からは外さないと思います。



じゃあ、昨日の続き書いちゃったら出かけます!
反省は夜になりそう・・・。

kiki.gif

続きを読む
posted by キキ at 09:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 株式用語の勉強

2005年04月09日

信用取引かぁ。

週末いつもしている用語調べですが・・・今週は、ちょっと辛すぎですよ!

実は、さっきの段階で全部書き終えて、自分なりに理解したつもりになってたんですよ。
で、いざアップしたら、ものすごくながい!

読む前にノックアウトです。
これじゃ、メモにならないので、半分だけ載せることにしました。



○オプションSQ
オプション取引における特別清算指数(SQ)。株価指数先物・オプション取引で売買最終日までに反対売買がなされなかった場合の最終清算指数のこと。売買最終日の翌日(限月の第2金曜日)の指数構成各銘柄の始値(寄付値)をもとに算出される。(Special Quotation)の略でSQと呼ばれている。




こ、これは・・・

宇宙人?

なんとなくでもわからない・・・

とりあえず少しずつがんばって解釈していかなければ。
まず、SQの算出日ってことは、先物取引をする値段を決める日ってことね。昨日の日経平均の寄り付き値は、11,867.15円だから、この値段で取引が行われるってことになるのかな。期限が一ヶ月のオプション取引の場合、日経平均が今よりも上がると思ったら、コール(買い)して、予想通り上がってたらその差額が儲けになるってことかなぁ・・・。逆に日経平均が今よりも下がると思ったら、プット(売り)して、予想通り下がってたらその差額が儲けってことかな。権利行使とか書いてあるから、期限内だったらいつでも使えるのかなぁ。
で、私はオプション取引はしないわけで詳しく知ることよりももっと具体的な株式相場への影響って何かわからないと意味ないじゃん!

ない知恵絞って考えると、SQを決めるのは株式相場、でSQによって先物相場がじかに影響受ける、先物相場が影響受けると現物相場も影響受ける。

ん!なんとなくわかってきたかも。
あれかなぁ信用売残と信用買残の比率が信用の決済という実際の売買以上に市場心理に影響するってのと同じ感じってことかな?

って言っても私信用取引自体しないから、これも調べないといけないんだよね。



○信用売残
信用取引で、売り付けを行うために証券会社から借りた株券に対して、まだ返済が済んでいない残高をいう。空売り後、買戻ししてない金額。「売り残」は需要要因といえるので残高の大幅な増加は株価にとってプラス要因である。増加分が反対売買で決済されるのであるならば買戻しされるからである。




○空売り
空売りとは、株券を借りて売ってしまう取引のこと。

空売りの場合は、買戻しをして決済したところで一連の売買が完結する。空売りした水準よりも株価が下落して、安い水準で買い戻しできれば利益が得られるし、逆に、空売りした水準よりも株価が上昇してしまい、高い水準で買い戻しすることになれば、その分損失になってしまう。空売りは信用取引の一種であり、元手の約3倍程度の金額まで売り建てすることが可能である。ただし、最悪の場合には、株価がどこまでも上昇していく可能性があり、損失額が青天井になってしまうこともある。空売りは下落相場でも利益が取れるという優れた取引方法であるが、リスクが高いことにも留意しておく必要がある。




もういっちょ♪


○踏み上げ
踏み上げとは、空売りをしている人が株価上昇に耐えられずに買い戻すこと。

空売りしている人が株価上昇に耐えられずに買い戻すことを「踏まれる」とも言う。投機目的による信用売り残が大量にたまった状態で株価が上昇し始めると、次々と買い戻す人が出てきて、それによってさらに株価が上昇するというメカニズムが働くことがある。このような、空売りの買戻しを原動力とした上昇相場を踏み上げ相場などともいう。




ふーん。。。わかったようなわからんような。。。
(お約束なので・・・)


信用売残>信用買残だと、買い戻す量のほうが多いから、信用の期限が切れる頃に値段が上がるだろうっていう予測がつくのよね。そういう予測が付くから、まだ実際買い戻しが始まってないのに先を見越して買い注文が入るわけで。その結果株価が上昇しだして、そうすると買い戻しする人は高値で買い戻すのはやばいってことで、買戻しを早めに行ってさらに株価が上昇する。
ちなみに信用売残>信用買残という状況になっているときの相場は、弱気相場、つまり底の状態ってことで上昇に転じやすいってことね。
この状態で爆騰すると、信用売りをしていた人は、損切りを行うため(つまり買い戻しを行うため)最後に信用残高を消費しながら急激に上がることがあるのね。これを踏み上げっていうのかぁ。



○信用買残
信用取引で、株券の買い付けを行うために証券会社から借りた買付資金に対して、まだ決裁が済んでいない残高をいう。信用買いをした後返済売りしていない金額。「買い残」は将来の株券の供給要因といえるので、残高の大幅な増加は株価にとってマイナス要因である。しかし、増加の初期の段階では人気のバロメーターとして評価されることもある。




○しこり(しこり)
 信用取引による買いで見通しが外れて評価損となり、身動きがとれなくなっている状態のことで、「しこった」、「しこりができた」などといいます。また、そのような状態の建玉を「しこり玉」といいます。




ふーん。。。わかったようなわからんような。。。


信用売残<信用買残だと、返済売りしないといけない株の量のほうが多いから、信用の期限が切れる頃に値段が下がるだろうって予測がつくのね。そういう予測が付くから、まだ実際返済売りをしてないのに先を見越して売り注文が入って、その結果株価が下落しだして、そうすると売却する人は安値で売るのはやばいってことで、返済売りを早めに行ってさらに株価が下落するわけね。
ちなみに信用買残>信用売残という状況になっているときの相場は、強気相場、つまり天井の状態ってことで下降に転じやすいってことだね。

kiki.gif
続きを読む
posted by キキ at 23:58 | Comment(7) | TrackBack(1) | 株式用語の勉強

2005年04月02日

ボリンジャー、一目均衡表・・・わかんない。

「寄り付き」は、前の記事の続きに書いたので、ここには、「ボリンジャーバンド」「一目均衡表」について調べたこと書きます。



素人かつ初心者のキキが、なにこれぇ?って思ったのを自分なりに調べて解釈したただのメモですから、理論の内容どころか使った実績なんて全くないです。



理論を詳しく突き詰めるほどの経験自体ないので、明らかにおかしいぞーとか、こういう見方がいいぞーってのがあれば教えてくださいね。





続きを読む
posted by キキ at 23:59 | Comment(8) | TrackBack(3) | 株式用語の勉強

塾高負けちゃいましたね。

野球興味ないので、ニュースで知っただけです。
こういうこと言うとひねくれ者と思われるかもだけど、自分の学校でもないのに総動員かける神経がおかしい!

凸(`⌒´メ)凸



今週末は、いろいろ調べないといけないことがたくさん。
「寄り付き」「ボリンジャーバンド」「一目均衡表」
調べて、ここにメモ残さないとね。
うーん、寄り付きは、なんとなくすぐわかりそう。
けど・・・

ヴォリンジャァァァァバンドゥゥゥ

これ、強敵。
名前からして手ごわそう。
とりあえず、根本的な理論や計算なんかは後回しにして(いいのかな?)使えるくらいにはなりたいな。

それと一目均衡表
こっちは、なんだか堅そう。
「一目」の部分でやわらかいイメージを醸し出しながらも、「均衡表」の部分で眼鏡の淵を上げ下げしそうだよね。



では、ある程度わかったら続きに書きます。

φ( ̄∇ ̄o)






続きを読む
posted by キキ at 14:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 株式用語の勉強

2005年03月23日

特・注ってなんぞや・・・

またまた今日も見てるだけ(^O^)



2206グリコ7647音通5267ハネックス8245丸栄とか(ほんとはもっといっぱい・・・)見てた。


寄り付きでものすごいあがった後、下がりまくる銘柄はチャートでは見たことあるけど、実際に板を見てたのは初めてだった。

数字が、2飛ばしとか3飛ばしで上がっていくぅ〜〜。



思わず、

「は、早く買わないと・・・

    Σ(▼ロ▼;)コ、コロサレル・・・」


って思ったのよ、うん。



でも、9時10分前後に上げ止まると、ストーンと落ちて抵抗して、ストーンと落ちて抵抗しての繰り返し

ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ



で、心の中で急落するたびに、

「あー急落した・・・か、買わないと・・・

    Σ(▼ロ▼;)コ、コロサレル・・・」


って思ったのよ、うん。



妄想だからさ・・・いいんだけどさ・・・急落後ちょっと上がったら売るよ?ほんと・・・多分・・・。

けど、もし最初の急騰の印象が強い状態で、心の中で思ったこと実行してたら、とんでもない大損してたねw

こわぁ・・・。



で、いろいろ銘柄漁ってると、気配のよこに「注」って出てるのよ。

 「ははぁーん ( ̄ー☆キラリーン、これ誰か悪さして注意されてるんだなぁ」

あっちこっちで、「注」出てるし!

 「悪いやつ多すぎるなぁ〜・・・」

いくらなんでも多すぎるので、ちょっと疑ってみた。

 「もしかしたら、注意の注じゃなくて、注射の注かも、注入の注かも・・・??」

注射だったら、意味はなんだろ・・・誰か倒れたとか?

注入だったら、えーと・・・闇の組織(日銀とか)のお金が注入されたとか?



調べました・・・。

注意気配の「注」でした。

なるほどっ!

そうだと思ったw



ところで、注意気配ってなんだ?

(ノ◇≦。)






続きを読む
posted by キキ at 17:55 | Comment(6) | TrackBack(0) | 株式用語の勉強

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。