2005年04月25日

一日遅れの用語の勉強プラス

ほんとなら、昨日書くはずだった勉強記事ですが、昨日都合が悪くて書けませんでした。

初心者なら誰でも「それはなんだぁぁぁぁー」って疑問に思うようなことを体系だてもせず、理論化もせず、ただ単に感情の赴くまま疑問に思ったまんまを書いていくコーナーです。



ベテランの方や詳しい方がフォローしてくれるととても勉強になりますので、気づいたことあったら教えてくださいね。



今週は、ファンド、特に気になってるのが外資ファンド・・・。


○投資ファンド
機関投資家などから資金を集めて、不良債権売買や企業買収などを行う組織。不動産の転売や賃貸収入、事業再編などで、企業の価値を高めたうえで転売するなどして高収益を上げる。近年、日本の不良債権市場には、外資系企業が積極的に参入している。



まあ、これはなんとか理解できるね。
ある企業の株式をファンドに組み込んだとき、そのために大口の買いがどーんと出てくるわけだし、てこ入れしたり立て直すために入るんだから、当然最悪な状態→いい状態にする自信があってはいるわけで、短期的にも組み込んだ時点で急騰、長期的にも業績が良くなって株価上昇ってなりやすいわけだね。もちろん、失敗することもあるんでしょうけど。



○外資ファンド
外資系のファンド。



外国の会社のファンドってことね。
これは私でもわかるはぁぁぁぁぁぁぁ!!
馬鹿にするなーーっ。
っていうか説明短っ!!



○ヘッジファンド
資産家や機関投資家などから資金を集め、それをデリバティブ技術を駆使しながら、世界の株式、債券、為替、商品などの市場で運用するきわめて投機色の強いファンド(基金)のこと。欧米(特にアメリカ)のヘッジ・ファンドが、世界中で暴れまわっている。私募のリミテッドパートナーシップ組織やタックスヘイブンの投資顧問会社として設立されるため、米国政府もその正体を正確に掴んでいない。ヘッジ・ファンドの数は大小合わせると全米だけで8000本、運用資産は8500億ドル(93兆円、'04年3月末)ともいわれている。その代表格が、ジョージ・ソロス氏率いるクォンタム・ファンド、ジュリアン・ロバートソン氏率いるタイガー・ファンドなど。



ふーん。。。わかったようなわからんような。。。


とりあえずどういうファンドかとか、どういうのがあるかとか、影響はどうなのかってのがこれじゃいまいちわからないなぁ。
ってことでパス・・・



○外国証券会社
外国証券業者に関する法律3条の規定により、金融庁長官の登録を受けた外国証券業者のこと。

日本版金融ビッグバンによって、日本の証券市場は、株式の売買手数料が自由化されるなどさまざまな規制緩和策がとられているが、外国証券会社の参入が一段と容易になっていることもその一例である。



これは、よく寄り付き前の売り越しとか買い越しとか発表してるあれね。どれくらい海外投資家が日本の株式に投資してくれるかってのを計る目安ね。
で・・・こういう証券会社や銀行や投資集団なんかが作ってるファンドがなんなのかってのが、今私が一番知りたいところなのよ。


ってことで、有名な外資として名前がちょろちょろ出てくるものをピックアップしてみました。


○有名な外資ファンド
証券会社、銀行、投資信託ごちゃまぜですが・・・、
ゴールドマン・サックス
モルガン・スタンレー
J.P.モルガン
クレディ・スイス・ファーストボストン
フィデリティ
メリルリンチ
リーマン・ブラザーズ
ドイツ銀行
UBS
ジュリアーノ
(いきなり個人名)
カツラ(すでに外資じゃないし・・・)



だぁーだぁーここに来て頭の回路ショート。

やっぱ四季報で銘柄一個一個見て、その中で株主比率を見て、地道に調べないとダメなんだろうね・・・。



ごくり・・・4000銘柄くらい?



だいたいどれがファンドなのかも知らないし。。。。
それっぽいのは、全部書き出してやっていくしかないのかなぁ。
どんだけ時間かかるんだぁぁぁぁー。



それにほとんど影響がないようなファンドじゃ意味ないし、現在チェックしないといけないファンド自体わからぁーん。
誰か教えてくれませんか・・・しくしく。



とりあえず、GW中はせっせと四季報チェックしていくしかないね。
どこがどこにどのくらい比率あるかって断片的にしかわかってないのは痛すぎる。


kiki.gif


で・・・なんでいきなり、ファンドのこと調べてるかっていうと、カツラのおじさんのときもそうだったんだけど、いろいろ株価に影響出るですよね。

もちろん個人のお金持ちの人が投資するって可能性もあるわけだけど、何億何十億っていう資金をいろいろと使いまわすにはやっぱファンドか筋が多いと思うし。


○私的解釈
結構長期に渡って運用して会社自体を立て直した結果株価上昇を促進して儲けを出すようなのがファンドで、短期で需給関係の株価の上昇だけで儲けを出すのが筋。
どっちも巨大な資金を投入することと、計算して介入してくることじゃ同じ。
それに立ち向かっても勝てるわけないけど、利用できるならおいしいなって思う。




で今日も監視銘柄の歩値見てたら、どーんどーんって大口が入るときあるんですよね。一千万くらいなら個人投資家の人でもやれるのかもだけど、私から見たら、大口だぁぁぁぁって見える。

今日見てて気づいた大口(ファンドか筋かもよくわからない)、ちょろっと書いておきます。


○4794デザインエクスチェンジ
前場引けから後場最後まで、大口(一千万以上)の買いが、何度か入ってました。10回以上、このために急騰、しかも売り板を厚くした状態で拾う感じでの買いだったように見えます。(寝てたため後で見てるのでちょっと自信ないです)売り抜けたのは半分もなかったと思う。
非常にあやしい。

○3323レカム
ほとんどいい感じの買いは入らず。逆言うと・・・金曜日からの下げは、すべて小口の売り=個人の投げ?今日で振るい落とし完了で明日から上昇描くのか、もう大口は戻ってこないのか・・・わからぁーん。

○9684スクウェア・エニックス
大口(一千万以上)の買いが、30回以上。って、ここは毎日こんな感じなので、ゆっくり上昇してるってだけですね。3560円で拾ってる大口もあるので、なんとなく安心できる気がします。IR情報が5/23日まで凍結されるので、どこかで情報漏れて買い集めてるのかな。ちょっとGW明けに処分できるかは微妙になってきました。IR待ちのほうがいいかなぁ。悩む。
ここはカツラのファンドが集めてる感じがものすごくする。
4763クリーク・アンド・リバー社の後、ここに来てほしいなぁ。

○4829日本エンタープライズ
よくわからないですけど、買取価格が17万(だったかな・・・)とかいうのをネット上のどっかで拾った・・・けど、どこで拾ったかわからず。今日必死でファンドとか外資とか調べてる原因がこの銘柄。結局わからず。



あと持ち越しじゃなかったけど気になったのは、以下の三つ。

8107キムラタン、結局どうなるのかなぁ。売残つぶすためにあがってくる(踏み上げ?)って噂もあったけどどうなるんだろー。
これは、今の状態じゃファンドじゃないのは多分確実だけど・・・筋?なのかなぁ。

それから買残の減り方注目してた6720プリヴェチューリッヒ企業再生グループだけど、あまり買残へってないぃー。みんな粘ってるのかなぁ。そのうち耐えられなくなったら一気に下がるのかなぁ・・・ってことで、ここも注目。多分、信用消化するまでは支えてこないと思う。となると6月以降ってこと??軽くなったら、支えてくると思うし、支えてきたら一気に上いきそう。
ここは、Jのファンドだよね・・・。(プリヴェチューリッヒ自体は当然なので・・・)この人はとことん低くなるまで入らないとか言われてるから、まだまだだと思う。(ほんとか!)

ここ一週間ずーっと毎日のように決まって爆弾400株前後が落ちてる4776サイボウズ。前社長の持ち株処分→M&Aの資金調達って感じに見える。M&Aをするための「社長交代と資金調達」って考える以外ちょっと合理的な動きには見えない
ここは、ファンドじゃないと思うけど、誰かが拾ってるのは確実。
だって・・・あんだけ毎日爆弾落としてるのにそれでも一定ラインからは下がらないしなぁー。



全然(でもないけど)話変わりますが、ROJIさんもJ関係好きですよね・・・2316モスインスティテュートとか・・・。
4741インターネット総合研究所8923東誠不動産は監視以下にしたので今日は書かなかったけど・・・私の銘柄もJ多いなぁって・・・4741インターネット総合研究所はカツラもだっけ。
っていうか、順番に資金が動いてる(2316→4741→2926って来てるし)気がするし次も、同じファンドの銘柄でしょう!って思っちゃうのは私が初心者だからかな?
で、6月以降が6720プリヴェチューリッヒ企業再生グループとか・・・。


ROJIさん、ゴールドマンのこと書いてあったし、どこで外資ファンドの構成とか調べてるんでしょうか。やっぱ一つ一つ調べてるのかなぁ。

うーん、気になる。

っていうか、もう知識が支離滅裂だー。
GWにきっちり勉強しておかないと、振り回されそう。

あーそれと、もっかい四季報で確認とらないと、すでにいなくなってる可能性あるよね。抜けたとかいう情報まで拾いきれてないし・・・ってかブログ書く前にきっちり見てから書けって言われそうだ・・・。

っていうか・・・今調べようとしたけど、無理でした。
どのくらいあれば影響出るの?、浮動株との割合は?、4000社近くすべて最新のIR情報見ないとダメなの?って考えたら、途方にくれちゃいました。
やっぱ、逆からアプローチしたほうがお利口みたい。
つまり、影響が大きいって言うファンドを表にして、その構成を調べていって、そのときに四季報の浮動株との比率を調べて、実際に株価がどう動いてるか確認する。
もっかい、影響の大きいファンドから調べなおします・・・。

では、おやすみなさい。
posted by キキ at 22:49 | Comment(8) | TrackBack(2) | 株式用語の勉強
この記事へのコメント
おお!
調べてますねぇ☆
GWは四季報チェックですか。
四季報って見たことあるけど、意味が全然わかんなかったですよ。
来年は就職活動だから四季報読むのかなぁ…
読めるかなぁ?
企業の比較とかもするのかなぁ。
あぁ、就職活動不安…。。
Posted by こず at 2005年04月25日 23:09
先輩こんばんわ!

今やっと下書き終わりました。
あとは、実際にそういう比率になってるか四季報とIR情報を調べるところで〜す。
株主移動してたら、書いてること全く意味なさないですしね!

結局地道に調べるしかないのかもぉ。ネットで調べたけどそういうの載ってるとこ見つけられなかったし・・・。
Posted by キキ at 2005年04月25日 23:48
こんばんわー☆

四季報チェックですかー。大変ですよね。
私も他の事柄でやろうとしたことがありましたが、挫折しました。。。

GWは、今年投資デビュー組にとってはちょうど良い勉強の期間ですね。
私もキキさんの日記を読んで、改めて学習意欲がわいてきました!

それでは、明日もがんばりましょう!

おやすみなさい☆

Posted by べるう at 2005年04月25日 23:50
>べるうさん
私、四季報の使い方間違ってるっぽかった。私が最初に書いたような方法って、辞書を最初から読むみたいなものって思ったのよ。しかも、すべて最新ってわけでもない上に、すべてを公表してるわけでもないし、第一、買う人の心理までは書いてるわけないんだからw
だから、逆からアプローチすることにしました!って言ってもその逆っていうところのファンドがわからないから記事にしたんだけど・・・GW中は、四季報の前に、そっち調べてみますね。

はぁー私馬鹿だったなぁ。
Posted by キキ at 2005年04月26日 00:23
もう1回来ちゃいました。

それでは、ファンド調査の結果報告、楽しみにしてまーす。

私の今目指している手法とは大きく関係はないけれど、純粋に興味あります♪

今、ごきげんようやってる・・・
Posted by べるう at 2005年04月26日 01:17
はじめまして!
すごい勉強熱心ですね、自分も負けずに学んでいきます。また寄らせていただきます!
よかったら相互リンクお願いできませんか?
もしOKでしたらコメントいただければうれしいです。

http://pop4081115.seesaa.net/
目指せ!デイトレで1億円
pop4081115

Posted by pop4081115 at 2005年04月26日 01:48
書き込み。スゲイな。

ヴェクトル。ヴェクトル。2656.
「オノレイ!ソフバンクウ・」(渡哲也@nhk義経。風味で)
シテだろ? 「情報通信革命」か? 大穴が来た感じでしたね。「オノレイ! オラクルウ!」(ワタクシ事)
Posted by m1702_k at 2005年04月26日 02:10
おはようござぃます。

>べるうさん
すぐには調べ終わらないと思いますが、リストはGW前には作りたいです。Mさんにもヒントもらいましたしw

>Pop4081115さま
相互リンクはいつでもOKです!早速リンク張っておきますね。あとで立ち寄らせてもらいます!

>Mさん
スゲくなぃですよ。半分は自分のレスですし。
ヴェクトルにやられたんですか・・・、オラクルウにも・・・。早速伺います。わくわく。
ピューーーー→
Posted by キキ at 2005年04月26日 07:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


聞くは一時の恥・・・??
Excerpt: こんばんわ!!   今日は格言と言うよりは、私がいつも思っている事なのですが、     『聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥』 ということわざがありますよね??..
Weblog: 94%の人が知っててもやってない一人勝ちの投資術     〜初心者でも株式投資で426万円儲けれる!
Tracked: 2005-04-25 23:31

証券市場
Excerpt: 証券市場証券市場(しょうけんしじょう)とは、有価証券の発行が行われる発行市場と、それが流通する流通市場との総称。狭義には、証券取引所ないしは店頭市場をさすこともある。情報元:Wikipedia...
Weblog: 証券市場---辞典
Tracked: 2005-05-13 20:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。