2005年03月16日

タンス株の名義変更→勘違い!

わははは・・・

こないだブログで書いたタンス株を市場で取引してっていう方法、実は思いっきり勘違いしてたらしい^o^

今日信託銀行へ出向いて、それぞれの段階で結構な日数がかかるらしいことを聞いたのよね。
どのくらいかかるかと言うと

前書いた方法で

1.名義変更を信託銀行でやってもらう。

――――>14日間くらい

2.名義変更後、口座を開いている証券会社に入庫する。

――――>5日間くらい

3.一般口座で売却する。

――――>8日間くらい


つまり、あと一ヶ月間取引できない!!


で、この日数って何をしてるんだ?ってことを聞いた。

こないだ書いたとおり名義書き換え自体は、本券と自分の印鑑さえ持っていけば、だれでもできるわけで、つまり泥棒でも書き換えできちゃうのよね。
要するに、この日数ってのは、持ち込まれた株券が盗難にあったものかどうかとか、口座を開いている本人がきっちりした身元なのかどうかとかそういうのを調査する期間ってことらしい。

で、実際私たちが預けた株を証券会社がどうやって売買するかって言うと、ほふり制度ってのを使う?わけ。←実は、詳しくはわからないw
結局自分名義の株券を持ち込んだ場合でも名義をその証券会社に変更するわけよ。


簡単に名義の変遷だけ書くと、

叔母→私→証券会社(私の口座)

ん?

ん?

ん?

ん?・・・・・・・!!


これって、もしかしたら

叔母→証券会社(私の口座)

でもいけるんではないの??



早速聞いたみた。

できるらしい!!


やた!


不利な点は、「特定口座に入庫できない」「贈与税などの税金計算をしてくれない」だけみたい。
これって、一度自分の名義に変えようが変えまいがどっちみち同じ不利な点なんだから問題ないじゃんw

ってことで、予定変更で、直接叔母名義の株を証券会社に送ることにした^o^
これで2週間後には取引できるはず。



続きを読む
posted by キキ at 16:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | 取引準備

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。